HOME

早くそしてより短期間で高い資金調達を行いたい!

ファクタリングで売掛金を売却する際、売掛金の金額に対して一定の割合が掛けられた資金調達額になってしまいます。その他、ファクタリング会社の利益分、債権譲渡登記に掛かる費用、その他出張対応費用などの経費も発生し、予想していたもしくは希望する金額に満たないということがあります。
一定割合すなわち掛け目には、保留金が含まれており、売掛先からの入金後に支払われる代金があります。保留金は最終的に戻ってくるものの、早くより高額な調達を行う場合、保留金が不要といったファクタリング会社を選ぶことがポイントです。ファクタリングは売掛先に倒産による貸倒リスクも買い取るものであることから、最近では保留金無しのファクタリング会社も登場しています。
また、保留金が返金されないといったトラブルも問題となっており、リスク回避をする上でも保留金の有無に注目することが重要になっています。売掛先の信用度も高く、支払遅延も全くないといった優良債権という場合は、保留金なしのファクタリング会社でも好条件で契約できる可能性もあります。先ずは、複数のファクタリング会社へ無料見積査定を行い、保留金なしの会社を探すことがおすすめです。また、保留金に関する説明がある会社を選択することもトラブル防止には重要になっています。

Pick Up Contents

取引先との信用は良好なのに3社間ファクタリングがNGな理由とは?

企業間との取引については、信用が重要視されています。取引先との信頼関係が良好かつ売掛金も優良債権であっても、3社間ファクタリングが利用出来ないケースがあります。それは、取引先が債権譲渡に承諾しな…

»more

こんなファクタリング会社は注意!最低利用期間の制限がある!

売掛金を売却譲渡するファクタリングは、取引の性質上、3社間ファクタリングであれば売掛金をファクタリング会社に売却した時点で取引完了です。取引先からファクタリング会社への支払入金は自社には関係あり…

»more

早くそしてより短期間で高い資金調達を行いたい!

ファクタリングで売掛金を売却する際、売掛金の金額に対して一定の割合が掛けられた資金調達額になってしまいます。その他、ファクタリング会社の利益分、債権譲渡登記に掛かる費用、その他出張対応費用などの…

»more

ファクタリングは赤字決算OK!でも審査に通過出来る保証ではない!

売掛金は会計管理上、資産に分類されるものであり、それを売却することは資産を売却することとなり、ファクタリングは融資には該当しません。そんため、金融機関からの融資のように信用審査が行われ、決算状況…

»more