HOME

取引先との信用は良好なのに3社間ファクタリングがNGな理由とは?

企業間との取引については、信用が重要視されています。取引先との信頼関係が良好かつ売掛金も優良債権であっても、3社間ファクタリングが利用出来ないケースがあります。それは、取引先が債権譲渡に承諾しないケースであり、自社ではどうにもならない事項です。
そもそも、どんな理由で3社間ファクタリングがNGになるのかというと、取引先との信頼関係が悪化、財務状況が悪く経営が危ないと判断されることよりも、ファクタリング会社の信用が影響することもあります。多くの企業では取引を行う上で、取引先の信用評価を行い取引業者として登録するのが一般的です。つまり、ファクタリング会社も信用評価がされることとなり、取引を断る可能性があります。
特に知名度の低いファクタリング会社、会社情報の公開が殆どない、帝国データバンクや東京商工リサーチでも確認出来ないといった場合は3社間ファクタリングの利用は難しくなります。そのため、利用する際には、自社でもファクタリング会社の情報をリサーチし、企業として信用があるかどうか評価することが重要です。むしろ、怪しいファクタリング会社との取引契約があるということの方が取引先からの信頼を損ねる要素となってしまいます。

Pick Up Contents

取引先との信用は良好なのに3社間ファクタリングがNGな理由とは?

企業間との取引については、信用が重要視されています。取引先との信頼関係が良好かつ売掛金も優良債権であっても、3社間ファクタリングが利用出来ないケースがあります。それは、取引先が債権譲渡に承諾しな…

»more

こんなファクタリング会社は注意!最低利用期間の制限がある!

売掛金を売却譲渡するファクタリングは、取引の性質上、3社間ファクタリングであれば売掛金をファクタリング会社に売却した時点で取引完了です。取引先からファクタリング会社への支払入金は自社には関係あり…

»more

早くそしてより短期間で高い資金調達を行いたい!

ファクタリングで売掛金を売却する際、売掛金の金額に対して一定の割合が掛けられた資金調達額になってしまいます。その他、ファクタリング会社の利益分、債権譲渡登記に掛かる費用、その他出張対応費用などの…

»more

ファクタリングは赤字決算OK!でも審査に通過出来る保証ではない!

売掛金は会計管理上、資産に分類されるものであり、それを売却することは資産を売却することとなり、ファクタリングは融資には該当しません。そんため、金融機関からの融資のように信用審査が行われ、決算状況…

»more